RMITx通訳x看護介護x鍼灸x書道x特殊子育てxオーストラリア

メルボルン発、関連する複数の仕事や勉強、ボランティア活動、子育て=パラレルキャリアの日々をつづります。

初めての裁判所

通訳の課題のため、ここ数日、裁判所に出かけています。

 

裁判所にはおかげさまで今まで無縁でしたので、事情がわかってません。

 

裁判所というと、Magistrate's courtに始まり、County Court、そしてSupreme Court。

 

でもオーストラリアではTribunalsという裁判所(的な機関・場)もあります。

 

例えばVCAT(Vic州の賃貸、建物など)、ATT連邦政府系:ビザなど)。

 

というか、そちらのほうが一般的のようです。

 

ということを、今回初めて知りました。

 

 

通訳の課題なので、願わくば日本語の通訳さんのお仕事を拝見したい。

 

まずは裁判所ごとのDaily Listで日本人の名前を探します。

 

日本人らしき名前をみつけるべく探しますが、なかなか。

 

今回は中国語の通訳さんをみつけて、傍聴。

 

しかしあっという間に終わってしまいました。

 

 

ちなみに、裁判所に入る時にセキュリティチェックがあります。

 

初回、持っていた爪切りと毛抜きが引っかかり、預ける羽目に。

 

 

今後しばらく裁判所巡りが続きます。

 

f:id:ahappiermedium:20180921172634j:plain

メルボルン市内のVCAT

55 William St, Melbourne