RMITx通訳x看護介護x鍼灸x書道x特殊子育てxオーストラリア

メルボルン発、関連する複数の仕事や勉強、ボランティア活動、子育て=パラレルキャリアの日々をつづります。

セミナーに参加しまくる貧乏父さん(母さん)脱出へ!

17年前くらいに長男を出産して束の間の専業主婦だった頃。

 

デイトレ(死語?)しようと勉強してた時期があります。

不労所得狙って・笑)

 

その頃「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズ、4冊全部揃えたな〜

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

最近は通訳も人前で話す仕事だし、講習会も始めたところで、パブリック・スピーキングに興味持ちました。

 

人間、労働してナンボの存在、と今は思ってるので、不労所得には興味はないけど、自分の思想を世の中に認めてもらいたい願望はあります。

 

そんなときに出会ったこちらの本がやばすぎる!

パブリック・スピーキング 最強の教科書

パブリック・スピーキング 最強の教科書

 

 

セミナーに参加しまくってませんか?

 

とくに自己啓発系。

 

セミナーに参加して、小銭でも大金でも費やすのは貧乏父さん(被搾取者)。

 

この本は、セミナー講師(搾取はされないが、自己負担もある)からセミナー主催ひいてはセミナー・プロデューサー(人を動かして利ざやを得る搾取者)への道を勧める本です。

 

でも多分、この本を読んでセミナープロデューサーになれる人は極わずか。

 

でもセミナー講師で成功したい人はこの人の会社のコンサルを受けるので利益は出るし、誰もがセミナープロデューサーになれるわけないのがわかってるから、この著者はこの本を書けるんですよね。

 

タイトルは「パブリック・スピーキング」なので、この本で書いてあるとおりに万人に受けるネーミングになってます。

が、内容的にはかなり具体的にセミナー講師として成功する方法が書いてます。

パブリック・スピーキング 最強の教科書

パブリック・スピーキング 最強の教科書

 

 

キンドルで読みまして、だいたいわかってる内容でした。

が、参考になる部分もありました。

 

セミナー参加してばかりの方、特に30代超えて搾取される側にいる方におすすめです。