ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

看護留学なら断然メルボルンへ!

看護留学でメルボルンを勧める留学エージェントは多いと思います。

 

というのは、メルボルンにはメルボルンランゲージセンターという、

医療英語試験(OET)対策コースや、英語+看護医療プログラムに定評のある学校があるからです。

 

私の会社はメルボルンを拠点に、医療留学のエージェントもしています。

 

看護師、理学療法士作業療法士柔道整復師鍼灸師介護福祉士などなど、医療従事者のみなさんが弊社を通じて英語や医療・福祉を勉強する場合、現地サポートだけでなく、ご好評いただいている「特典」を用意しています。

 

おすすめの留学モデルと特典は・・・

 

入学時、英語力初級・初中級の場合

メルボルンランゲージセンターで英語(英語力により、一般英語あるいは進学英語)+看護医療プログラム(12週)
→規定の成績以上をおさめる(IELTS5.5あるいは進学英語コース修了)
→Diploma of Community Services(DCS)(福祉専門コース2年間)に入学
 
※私は現在、訪問介護の仕事もしているので、英語の上達度によって訪問介護の仕事をご紹介します。
 
入学時、英語力が中級の場合
メルボルンランゲージセンターで初めからOET(医療英語)コース(Listening, Speaking, Writing, Reading4分野をこなすのに10から12週がおすすめ)に入学
→OETで4分野でB判定以上とる(IELTSより分野が医療に限定されるので簡単です)
→系列のカレッジでDiploma of Nursing(2年間)
この資格を取得後、地方でEnrolled Nurseとして就労ビザを得て働ける可能性があります。
 
※私自身、AIN(アシスタントナース)としてシドニーメルボルンで就労経験があり、Bachelor of Nursingを中退後、Diploma of Nursingを取得していまして、コースの内容について生情報をご提供できます。日本でいう准看護師レベルですが、職務範囲が広いので日本よりもっと正看護師RNに近い仕事ができます。
 
もし長期でオーストラリアで勉強する予定でしたら、日本にいるときに英語+専門留学のパッケージで入学することをおすすめします。学生ビザの料金を抑えられますし、最近取得が難しくなっている学生ビザですが、その取得が楽になります。
 
☆☆特典☆☆
弊社を通してメルボルンランゲージセンター(&カレッジ)に入学しますと、特典として弊社が主催する

chudoaustralia.com

通常660ドルのところ、無料で受講していただけます。
 
上記コースはすでに多数に受講され、修了生はあんまマッサージセラピストとして活躍しています。

www.instagram.com

 
日本の文化を広めつつ、世界各国からの観光客やローカルオージーと国際交流が可能な就労場所を弊社で用意しています。
 
看護師さんにはオーストラリアで日系レストラン(通称ジャパレス)で低賃金でアルバイトするよりも、マッサージの資格をとることをおすすめしますし、すでに日本で看護師という修了生がマッサージセラピストとしてしっかり独立しています。
 
 
看護留学、医療留学ならメルボルン
 
メルボルンに留学するなら・・・
現地サポートは当たり前、職探しやスキルアップ、密かに婚活(!)まで可能な
Chudoにご相談ください〜
 
ご連絡はこちらのコメント欄あるいは、ahappiermedium@gmail.com までどうぞ。
 

f:id:ahappiermedium:20190708223102j:plain

Manchester Unity Building & a tram