ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

看護留学の学生さんにはAINよりもこの仕事をおすすめ!

このブログで一番アクセスいただいているのは、昔に書いたこちら。

 

ahappiermedium.hatenablog.com

 

日本では高所得の看護師さん。

オーストラリアでのアルバイトとしてAINをお考えだと思います。

AINというのはアシスタントナースと言われたりしますが、上記の記事で書いた通り、州や病院によって職務内容が違ってきます。

 

せっかくメルボルンに来る、あるいは来たのであれば、違うことに挑戦しつつ、でも看護にも無縁ではない仕事をしていただきたいと思い、仕事の紹介をしています。

 

メルボルンではAINの仕事はできません。

AINというポジションが存在しませんので。

 

病院で働くのはおすすめしません。

PCAというポジションがあります。

Cert IIIの資格を取っても、できるのは病棟の清掃かミールサービスです。

 

おすすめの仕事としては、マッサージセラピスト。

 

手前味噌ですけれども、私がマッサージコースを主催しています。

chudoaustralia.com

 

このコースは、日本の看護師さんや医療のプロが、AUSで低賃金でこき使われないように、マッサージのスキルを身につけて活躍してもらうべく始めました。

日本式マッサージは別名あんま。

 

日本にいた頃は、あんまマッサージ指圧師の国家免許を持っていても、「あんま」という言葉を使いたくありませんでした。

 

でも海外では別です。

 

あんまAnmaはれっきとした日本文化です。

 

あんまマッサージセラピストとしてメルボルンの観光名所で働きながら、AUSコミュニティに馴染み、世界中の観光客と国際交流ができてしまいます。

 

コースは去年から始まっていて、すでに何人もの日本の看護師、理学療法士がマッサージセラピストとして活躍しています!

 

マッサージセラピストは手が命。

 

コースでは技術はもちろん、手や体の使い方を説明し、故障しやすい手を持っている方には怪我予防の指導もします。不運にも故障してしまったら、私が鍼とテープで治療します(簡単な治療は無料です)。

 

看護師さんでメルボルンでの語学・看護留学をお考えの方は、ぜひご相談いただければと思います。

 

ちゅうどう経由で看護・医療英語留学(3ヶ月以上)をお申し込みの方には、上記マッサージコースをなんと無料で受講していただけます。(通常660ドル)

 

この記事は宣伝で終わらせません。

 

もう一つ、看護師さんにおすすめの仕事は、訪問介護士です。

こちらはコミュニティサービスのディプロマかバチェラーコースに入学しますと、学生でもアルバイトで働けます(適任と思われる方には就職先を無料でご紹介します)。

 

私は現在、訪問介護士(訪問看護だと薬の管理などが職務になる)として、福祉を利用しているローカルの人々のケアをしながら、コミュニケーションを楽しみ、日々気づきをいただいてます。

 

利用者は高齢者が多いですが、メンタルヘルスでサポートが必要なクライアント(かなり人として際どいレベルの生活をしている)、身体障害があってサポートが必要なクライアントもいて、彼らのお役に立てるのがとても嬉しいです。

 

 

AUSに来ている看護師や医療従事者のみなさん、ぜひメルボルンへ。

メルボルンに来ると決めたら、ぜひご連絡ください。