ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

命に別状ない症状での救急外来は最悪

カテゴリ:AUS医療、メルボルン

 

先日(日曜日)の6時頃、長男がボルダリングで手を滑らして転落。

結論から言うと、救急外来で骨折の診断を受け、簡易ギブスと松葉杖で病院を出たのは深夜。

家に帰るまで6時間以上。。。

 

水曜日に病院の整形外来受診。

簡易ギブスをして初期のRICEをしなかったので、しっかり腫れ上がってました。

 

それでもこういうとき、刺絡とお灸ができて、鍼灸師は最高の職業だと思えます。

 

1週間くらいで腫れが引きました。

 

松葉杖なので私は毎朝と放課後の送り迎えを今まで3週間ほど。

 

先週はVCEという、大学受験のVIC州のセンター試験みたいなのがあって、長男は1科目だけ受験。

 

VCEについてはいろいろ思うところがあるので、また改めて。

 

骨折とか、命に別状ない症状にかかると最悪な国です。

 

すぐに整形外科にかかれない、休日にX線などが撮れる場所が限られていて、救急外来がある病院のみ。

公的医療の患者は人間モルモットのオーストラリアの医療システム。

 

たぶん旅行者も何かあった時には行くことが多いと思われる、ロイヤル・メルボルン・ホスピタル(メルボルンで一番か二番目に大きな公立病院)。

 

そこの救急外来へ連れて行きました。

 

骨折の時、救急車を呼ぶこともできます。

 

が、骨折の場合、命に別状ない症状なので、救急車が来るまでにかなり待ちます。

 

なので、私が車で連れて行きました。

 

救急外来(ED)は救急車での到着優先ですが、脳疾患、心疾患は優先されても、骨折は一般と同じく待合ロビーで待たされることになります。

 

その間、パナドルという痛み止めは処方してもらえます。

(RICEに必須のコールドパックはもらえないと思います。。。)

 

ボルダリングジムでもらったコールドパックをつけていたので、EDにコールドパックあるのかはききませんでしたが。

 

長男は痛くない、というのでそのまま待機。

 

X線を受けるまでに3時間。

 

X線を受けてから、ED研修医の診断を受けるまで1時間。

 

ED研修医がX線を見て、CTが必要だということでCTを受けるまで1時間。

 

CTを待っている間にショート・ステイ・ユニット(泊まるかもしれない患者がここに移される)へ移動。

 

CTで骨折部分を確認ののち、簡易ギブス(後ろは固定で、その上に巻く包帯を水で濡らすと固まるタイプ)をつけてもらうまで1時間。

 

松葉杖購入 実費40ドル。

 

ED研修医に、手術が必要かもしれないので、病院の整形外来にアポを取るよう言われて帰宅。

 

2日後に整形外来へ。

 

が、まずはX線を取れ、と。

 

しかし足にギブスを巻いている。

 

放射線科ではギブスを取ることができないから、整形外来で切ってもらえ、と。

 

しかし整形外来でもギブスはここでは(順番待たないと)切れない、という。

 

なんだこれ!

 

たらい回し!

 

結局すったもんだの上、ギブスを巻く部屋(プラスタールーム)の人に切り込みを入れてもらい、放射線科へ。

 

放射線技師に外してもらい、撮影。

 

そして整形外来ではなかなか順番が来ず、3時間遅れ!!

 

公立病院の受診はタダだからって、時は金なり!

 

病院の有料駐車場だってバカにならない。

 

私も仕事をキャンセルせざる得ず。

 

やっと順番が来て、3分診療。手術の必要はなし。

 

で、ムーンブーツ着装。

f:id:ahappiermedium:20191103222609j:plain

写真はイメージです。

ムーンブーツは実費、80ドルなり。

 

骨折は骨がくっつくまで6週間かかるので、次の整形外来は6週後。

 

 

 

後日予約の手紙が送られて来て、また愕然。

 

放射線科からも予約の手紙が来たんだけど、整形外来の予約が8時45分で、放射線科が11時。

 

整形外来の実際の受診時間は、11時より後になるってことか?!

 

あと、公立病院で撮ったX線やCTは、病院外持ち出し禁止で、持ち出す場合には申請書を出し、郵送料を30ドルほど払わないといけない。

 

一般の放射線クリニックなら持って帰れるのに。

 

しかも長男は17歳なので、彼の署名で申し込まないといけない。

 

 

本当に、通常医療に関してはオーストラリア最悪。

 

それでも特殊な症例だと、診察から治療まで信じられないほど迅速に対応してもらえます。(研修医に取り囲まれて)

 

こういうことがあると、日本の素晴らしさを実感できます。

 

日本の医療をダメって言わないでください。