ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

「病は気から」マスクの心理的効果

メルボルンのちゅうどう鍼灸マッサージ主宰、Yoshiです。

 

ちゅうどうでは防塵マスクとサージカルマスク(N95PM2.5対応)を販売しています。

 

メルボルン在住でご希望の方、ご連絡ください。

 

メルボルンでの問題は、コロナウィルスというよりは煙霧です。

 

見た目きれいな空気に見えても、煙の影響はありますね。

 

 

さて、ザ・ガーディアンAUS版によりますと、中国でマスクが欠品・品薄になっているようです。

www.theguardian.com

 

中国では他人への配慮でマスクをするというよりは、自分がいかに被害を被らないようにするか、で行動している人が多いと私は感じます。

 

上記の記事にもあるように、

マスクが特需になっているが、健康な人はマスク不要、とハーバードメディカルスクールのDr Majumderは言っています。

 

Despite all the concern about masks, Dr Maia Majumder, a faculty member at Harvard Medical School who has studied Sars and Mers outbreaks, has said mask use is not as important as many people are making it out to be, particularly for most healthy people.

 

そして、健康な人にとって一番に大切なのは、手の衛生。

 

“For healthy folks who are around other healthy folks, the first line of defence remains hand-washing with soap, coughing into the crook of one’s arm instead of your hands, and avoiding contact with mucus membranes [of the mouth, nose, or eyes],” Majumder said.

サージカル・マスクをつけることが賢明なのは、呼吸器系の症状(咳、くしゃみなど)がある人やそういった人と住んでいる場合。

“Surgical masks, however, are wise to wear for those who’re exhibiting respiratory symptoms or those who live with people who do.”

 

マスクは心理的な効果「マスクしていれば大丈夫」を産むと私は思います。

 

「病は気から」ですから、「マスクなかったら新型肺炎になっちゃう!どうしよう!」と不安になると、本当に病気になりやすいですね。。。

 

楽観的でも問題ありますが、必要以上に恐れないことが大事かと。

 

疲れ(眠気)を感じたら、ビタミンCなどを摂って早めに寝る。

 

昼休みに5分、がっつり昼寝する。

 

それでも不安を感じる方は、マスクしましょう!

 

 

個人的には、新型コロナウィルスよりも、まだ燃えている林野火災、煙霧の長期的健康被害の方が心配です。