ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

病院でアジア系医師が患者に拒否・差別される事態に

病院勤務時代に、ジャップ!と差別されたことがある、Yoshiです。

 

公立のメルボルン小児病院に入院中の子どもの親らが、見た目アジア人の医療スタッフ(おそらくは医師)のケアを拒否、というニュース。

 

www.theguardian.com

 

執刀医や担当医など主治医を指名できる私立病院(有料)と違い、医療費無料の公立病院では患者は平等で主治医を選べません。

 

差別は絶対許さない州政府、コロナウィルスにかこつけて差別するな、と会見。

 

上記記事によると、現在、ビクトリア州住民に感染者は7人、うち3人はクルーズ船の乗客。

 

そして、1,100人も、コロナウィルス検査を受けた人がいるそうです!

 

けっこう多くないですか?

 

しかもこの中には、GP受診の段階で「えー!それ(COVID-19)の可能性はないでしょう」って検査しない人も多数(もちろん、本当に感染してない人がほとんどだとは思いたいけど)。

 

最初陰性だったのが、あとで陽性がわかるってこともあるので、、、

 

 

やはりPrecaution〜AUSでもCOVID-19がもう広まってると想定〜して、行動した方が良さそうです。

 

連邦政府はアクションプランを作り、もう想定して動いてますもんね。