ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

AUS入国後14日間自主隔離は強制(自発的でなく)、違反は処罰対象に

日本のほうが安全かもと思える今日この頃、メルボルンのYoshiです。

 

オーストラリアで新型コロナウィルスCOVID-19に感染したとニュースになっているのは、海外から帰国した人たちの感染とその人たちからの感染で、市中感染はそもそも検査されないか、お役所に報告されていないのが現状のようです(ちまたの情報による)。

 

そんな中、AUSへ入国した人全員(国民、居住者、旅行者関係なく)に入国後14日間の自主隔離が強制になってしまいました(今日深夜から有効)。

www.theguardian.com

 

海外からCOVID-19が持ち込まれてAUSで広まっているということは事実なので(特に最近メルボルンではアメリカから戻ったGPが感染しつつも検査中で診療し、感染を拡大した)、自主隔離14日間は妥当かもしれません。

 

ただ、これが法的効果のある「強制」になってしまったことには、個人的にちょっとびっくりです。

 

まぁそこまでしないと(そこまでしてもなお?)オージーは個人の自由を主張するので、COVID-19が広まらないように人々の行動を制限するのは難しいかもしれないと思います。

 

「一人一人がみんなのために」がベースにある(変わりつつあるかもだけど)日本では、ありえないことかもしれませんね。

 

 

法的効力があるっていっても、どこまで効果あるのかな?

 

自営業者には通じないかも。。。

 

現に、私の友人(オージーで自営業)は、こんな騒動でも来月海外旅行に行くと言っています。

 

ホリデーに2週間、帰国して2週間、彼が家にこもっているかは甚だ怪しい。

 

ビクトリア州は他州より自営業者が多いし(メルボルンは大阪と姉妹都市提携、商人の町)、強制措置も知らん顔って感じで。

 

 

ちなみに、今回の自主隔離令と同時に出たのがクルーズ船の制限。

 

海外の港を出航した日から30日間は、オーストラリアへの入港が禁止になるようです。

 

日本で感染者が出たダイアモンド・プリンセス号、アメリカ(サンフランシスコ)で感染者が出たグランド・プリンセス号、さらに今日はNZでゴールデン・プリンセス号に感染者が。。。

www.axios.com

 

感染して入院や加療が必要な乗客が出た場合、NZで手当を受けられるんでしょうか?

 

 

というわけで、今日本などにいるAUS永住の方々など、AUS国外に出るなら、旅先での健康管理のほか、AUS入国後の2週間の過ごし方も考えておいたほうがよいかもしれません。

 

 

今後要観察なのは、ヨーロッパですでに起きている市街封鎖Lockdownですね。

 

食料品の買い物くらいは出れるようですが、、、

 

連邦政府の全国規模というよりは、州により、ということになるかなぁと私はみています。

 

まずは感染者がダントツのNSWからとか。

 

 

私はとりあえず、明日から公共交通機関をやめて、シティへは車で。

 

訪問介護はまだいつも通り。

 

 

医療・介護の仕事をしている以上、自身とクライアントの安全に努めます。

 

 

先日、水曜11日で、クィーンビクトリアマーケットQVMのサマーナイトマーケットが終了しました。最終日は夏らしい1日になり、盛況でした!

また、諸事情により、これを持って2018年10月に始めた「あんまやプロジェクト」終了となります。長らくありがとうございました。

写真はサマーナイトマーケットの裏側〜ワインで打ち上げ〜

f:id:ahappiermedium:20200311215304j:plain