ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

VIC州非常事態宣言下、警察の罰金とりまくりが問題に

今日はシティまで事務仕事をしに行った、Yoshiです。

 

天気が良かったので、自転車で。

ところで、東京・千葉・埼玉を合わせた人口より、人口の少ないオーストラリア。

 

47都道府県の日本に対し、7州・準州・地域のオーストラリア。

 

州の自治が独立している、オーストラリア。

 

各州で非常事態宣言を発令していますが、その時期はそれぞれ。

 

3月23日連邦政府の在宅命令発効と同じく、ビクトリア州政府は非常事態を宣言。

 

それからあっという間に3週間!

 

えー!もう3週間?

 

そしてビクトリア州の非常事態宣言は、5月11日まで延長されました。

 

あと4週間。

 

達成したい目標を立てて、着実にクリアしたいです。

さて、VIC州の非常事態宣言が続くということは、警察の取り締まりが続くということ。

 

連邦警察AFPは、国をまたいだドラッグ密輸とか、そういうので動くんですよね?

 

在宅命令下、州警察官の裁量で違反者に罰則が課されたり、戦時下の隣組みたいに周囲の人の違反行動を警察に密告したり。

 

SNSに投稿をしたホリデーの写真で罰金を食らった人も。

(しかし、去年の写真だった)

7news.com.au

 

間違いや重箱の隅をつつくような行動でキップ切られた人が続出で問題になってます。

The Ageより

www.theage.com.au

 

記事にありますが、仮免Lプレーターの17歳女子が親と車を運転していて、約1,700ドルの罰金が課された、ってことで数日前に話題になりました。

 

が、彼女の違反、帳消しになったそうです。

もちろん、去年の写真をSNSにアップして罰金食らった人も帳消し。

 

他にも、閉店中のカフェのペンキ塗りをしていて罰金とか。

 

で、ビクトリア州警察地方担当副庁官パットン氏が発言。

It is imperative that our actions reflect a community health approach and we rely on enforcement only for high-risk behaviour which is blatant, obvious and deliberate,

Members should use discretion ... they need to weigh up if a person’s actions are placing others at risk or if a warning will suffice because we know most people are genuinely trying to do the right thing.

"Please encourage our members to use common sense and consider how they would feel if a family member received an infringement in those circumstances, or would a warning have been appropriate instead."

 

おっしゃる通り。

 

社会的距離が守られてないタチの悪いケースをしっかり取り締まって欲しい。

 

もし理不尽な理由で罰金を取られたなら、交渉した方がいいと思います!

(とにかく言わないといけないし、言ったもん勝ちでもある)

 

 

英語ができる人は最寄りの警察署へ電話(000は緊急番号なので最寄りの警察署へ)

 

英語ができない人は 13 14 50 "Japanese please" というと通訳、そして希望の機関につないでもらえます。