ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

コロナAUS在宅オンライン教育、ハイスクールの場合

あっという間に2学期の1週目が終わりました。

 

水曜から金曜までの3日間、うちの子たちの学校のをレポートしたいと思います。

 

※オーストラリアの学校は、学校の始業時間・下校時間も時間割も、ホームルームの有無など、学校によって全然違います。

 

なので、ハイスクールの中でも、さらに一例ってことで。

 

ちなみに、お子さん4人いらっしゃるKさんのブログを読み、感心してしまいました。

 

そしてうちの息子たちがハイスクールでよかったと、心から思います。。。

さて、授業で使われるソフトウェアですが、やはり学校によりまちまちのようです。

 

うちの子たちの学校では、Zoomが使われてます。

 

私の彼が勤める学校は、Google Educationっていうのかな?

 

通常授業の成績とかも全部Googleで管理してるらしく、Googleを使ってるそうです。

 

土曜日は、次男のVSL(ビクトリア州の公的語学学校)日本語クラスの2学期最初の日でした。

 

VSLはもともと通信教育があるんですけど、そのソフトなのか、ハイスクールとは違うソフトウェアが使われてます。

 

VSLクラスがあるのを私はすっかり忘れていて、午後になって気づきました。

 

が、なんと次男、ちゃんと自分で起きて授業に参加していた!

 

休み中、次男にはずっと「日本語の勉強やってる?」って意識させていたけれど、いやいやな感じで。

 

やる気がなさそうだったので、びっくりです。

 

休み中に何をしたかは具体的にきかなかったけど、漢字を練習していたらしい。

 

いい感じで2学期のスタートがきれました。

 

ところで、ハイスクールは体育など科目によってはオンラインでできないので、その時間は自習時間という名のフリータイムだったりするんです。

 

それで2人とも別の日だったけど、午前中ずっとゲームしてた日もありました。

 

あるいは、先生のコンピュータの都合で夕方5時からとか。

 

まぁ在宅命令でオンラインだから、いつでも融通ききますね。

 

ただ、オンライン教育って便利なようで、考えてみたら、何人もお子さんがいると大変ですね。

 

そもそもタブレットやコンピュータが1人一台ないと無理で。

 

そして、みんなして動画を使って同時に接続してたら、けっこうネットが重くなりますよね。

 

 

 

先日のABCラジオビクトリア州郊外の校長先生が話していたのですが、学校を再開すべき、と。

 

まず家がない子もいる。(えっ?!)

 

インターネットがない家庭もある。(これはありえるかも)

 

DVや、シェアド・ケアで親同士が仲が悪い家庭のDV問題など。(これも深刻)

 

それに、小さい子どもが家にいる以上、仕事に出れない人も増える。

 

確かに。。。

 

 

これを考えると、連邦政府が「学校は通常通り!」って言い張る意味もわかる気がするけど、もっと学校の衛生がしっかりしていないと、学校に行かせたくても行かせられない家庭もあるだろうし、無理だろうな〜

 

ビクトリア州連邦政府の決定に反して、2学期は在宅オンライン教育になってます。

 

少なくとも、非常事態宣言が出ている5月11日(月)までは、オンラインでしょう。

 

 

ということで、2週目も様子見て行きます。

 

 

今日の写真は、カラスに似てるけどカラスじゃない、白黒のマグパイ。

 

マグパイにも種類があるってご存知でした?

 

オーストラリアの鳥図鑑によると、、、

 

うちの近所のマグパイは、背中が白いタイプ。

f:id:ahappiermedium:20200419171104j:plain

VIC〜南オーストラリアの沿岸〜西オーストラリアの北部に分布。

 

そして、QLDとNSWの大部分とNSWの沿岸は、背中が黒いタイプだそうですよ!

 

たしかにシドニーのマグパイって、もっとカラスみたい!って感じたかも。