RMITx通訳x看護介護x鍼灸x書道x特殊子育てxオーストラリア

メルボルン発、関連する複数の仕事や勉強、ボランティア活動、子育て=パラレルキャリアの日々をつづります。

2019年前期は翻訳

年末から年越しにかけて、ちょっとした波乱があり。

 

今年もまたRMIT大学の職業修士コース。

 

去年後期に取らなかった分を挽回するため、前期も後期も1.25倍の単位。

 

今学期は必須科目で固め、通訳はなし。

 

翻訳のプロジェクト(科目)。

 

自分でジャンルも原文も選びます。

 

メンタルヘルスの一般書にしようかと思いつつ。

 

文芸翻訳に取り掛かることにしました。

 

次男の英語の教科書・笑

 

これ、出来上がったら本当に出版社に持ち込む意気込みで!

 

そのくらい前を向いてないと。

 

 

単語レベルでは簡単なんだけど、日本語だったらどういう言い回しが良いか。

 

日本語って本当に色々に表現できる。

 

俺か、僕か。

 

俺様か、ボクか。

 

私、あたし、アタシ。。。

 

そして時制。

 

今時の英語の小説って、現在形で書かれるのが主流。

 

日本語表現能力が問われる。。。

 

 

悩みながらも、楽しんで翻訳したい。

 

ちなみに、長男が7年生の時の英語の教科書は、

Mao's Last Dancer

Image result for maos last dancer

これはすでに翻訳されてるのでNG。

 

ちなみに日本語タイトルは、

「小さな村の小さなダンサー」(映画の邦題ー肝心の毛沢東を外して意味不明)

毛沢東のバレエダンサー」(小説の翻訳ー原題にほぼ忠実)

 

ありがちだと思ってて、本当にあった怖い出来事

オーストラリアっていう国は、けっこうずさなところがあり。

 

日本ならまさか、っていうことも、AUSならありがちってことはよくある。

(日本でもある?)

 

例えばこれ。

 

www.theage.com.au

 

私自身、この前高速道路を走っていて、めっちゃ怖い体験しました。

 

3車線ともけっこう混んでいて、しかも車間距離短い。

 

そんな中、目の前に巨大な金属製の異物が接近!

 

スクラップを積んだトラックから落ちたのか?

 

車線変更できなくて、その物体の上を走るしかなかった。。。

 

ぶつからないで・・・と祈りながら。

 

しかし、キーーーーーーってこすれる音。

 

幸い幅的にはその物体はタイヤとタイヤに収まったけど、高さがあり。

 

とりあえず走り続けられたので、そのまま走行。

 

心配だったのであとでメカニックに見てもらったら、車を前後に走るパイプにまっすぐ傷がついてました。

 

これ、ちょっとずれてたら車の下面を走るパイプなどに刺さってるところでした。

 

というか、爆発してたかもね。。。

 

後続の車がどうだったのかは不明。。。

 

 

高速道路の車間距離、100キロ出しててもAUSではめっちゃ近い。20mくらい?

 

上記の事故、道路標示の巨大な看板が落ちた瞬間(動画)をよくとらえましたね。

 

たまたま?タクシーのカメラ?

 

これでこの車が事故車にぶつかってたら・・・

 

車間距離近すぎるAUS、玉突き事故がよくあってとても怖いです。

 

 

 

 

「〜していただけると(私は)喜びます」って方言だったのか!

最近興味を持っている、

note.mu

 

連鎖が連鎖を読んで目にした、「翻訳家」さんの記事にあった表現。

 

「〜していただけると喜びます」

 

前にもどこかできいたことがあって、その時もな〜んか妙な違和感を感じて。

 

「喜びます」って I would be happy if you could do ... for me 英語の直訳?

 

一般的には「助かります」とか「ありがたいです」というところ。

 

 

 

と思ってググったら、これ、島根県の方言だそうですよ!

『喜びます』 !? (島根) | 花屋ブログ | 島根県益田市の花屋 花一にフラワーギフトはお任せください。|当店は、安心と信頼の花キューピット加盟店です。|花キューピットタウン

 

出身地が書いてなかったけど、その翻訳家さん、島根県出身だったのかな?