パラレルキャリアライフ in オーストラリア

メルボルン発、関連する複数の仕事や勉強、ボランティア活動、子育ての日々をつづります。

AUS ボルダリングジムのよくある光景

うわ〜、なんだか冷え込んできたと思ったら、

明日の最低気温2度!のメルボルンです。

 

連日クライミングのことを書いています。

 

子どもたちは私と逆で、好奇心ほぼゼロ!

むしろ私の方が子どものように、子どもたちを無理やり連れ回しています。

 

そんな中、とりあえずクライミングだけは子どもたちの興味が強く。

毎日クライミング、あるいはボルダリングです。

 

埼玉と東京のボルダリング、クライミングジムに行ったことがあります。

日本の「土足厳禁」には本当に参りました。。。

厳しすぎ!!

 

そんな日本のクライミング関係者が信じられない光景が、

ここオーストラリアにあります。

 

AUSのクライミングジムはこの記事で書いたように

 

ahappiermedium.hatenablog.com

 

内も外も関係なし。というか、全て土足です。

土足のところを裸足なり、靴下の人がいるということです。

 

そしてボルダリングジムのよくある光景は、、、

 

 

 

犬同伴!

 

 

 

↓憎めない顔で人気者だったミックス(雑種)ちゃん。

f:id:ahappiermedium:20180712225336j:plain

 

とってもシャイで、こそこそっとおとなしい子。(リースなし)

f:id:ahappiermedium:20180712225428j:plain

 

この子はとってもフレンドリーで、

テニスボールを投げるとパクッとキャッチ。(リースなし)

f:id:ahappiermedium:20180712225451j:plain

 

↓この写真の中にワンちゃんが3匹!

手前は茶色のトイプードル(リース付き)

f:id:ahappiermedium:20180712225513j:plain

 

今回の写真にはないけれど、他にもワンちゃんがたくさん。

 

今度から毎回ワンちゃんたちの写真をとって、

アップしようと思います〜

 

みんな良い子たちばっかりだからオーナーと一緒にジムにくるわけで。

 

ほんと癒されます♪

 

腹持ちのいいビーフロール3.50ドル

どんどん物価が上がるメルボルン

 

セブンイレブンもなんとか日本の7-11並みにコンビニ化してきた今日この頃。

マシンで入れるコーヒー1杯 1ドルになりましたが、

街のカフェで人の手にかかると1杯 4ドル前後かそれ以上。。。

 

メルボルンで小腹が空いた時に、私はよくスシロール(あえてカタカナ)を食べます。

1本が日本の中巻サイズ。

 

今日はシティのケバブのお店でビーフロールっていうのを試してみました。

f:id:ahappiermedium:20180710153831j:image

 

サイズはスシロールに似てます。

f:id:ahappiermedium:20180710153836j:image

でも重さが違う。ずっしり。

 

スシロールの重さは炭水化物のご飯によるものだけど、

ビーフロールの重さはシュレッダーされたビーフにマッシュ&角切りポテトが混ざったもの。

そして辛かった!

 

お米より腹持ちがいいと思うので、若い人に良いのでは?

 

場所はElizabeth St、Flinders Lane、Colesの近くです。

 

 

メルボルンの冬の「あるある」

メルボルンの7月は、季節では冬。

 

メルボルンはファッションの街とも言われます。

 

理由としてはヨーロピアンなこと、季節があること、メルボルン出身のファッションデザイナーが多いこと。。。

 

シドニーであれば、一年中、Tシャツにビーサン(あるいは裸足)が多いです。

 

ファッションの街メルボルンは一応季節があるので、ポリシーがある人、おしゃれな人は季節のコーディネートを楽しみます。

 

無頓着な人は季節感なく、

f:id:ahappiermedium:20180709135623j:image

メルボルンの冬には「あるある」です。

 

足元を見るだけでブルブルしますが、何を着ようと個人の自由です😤