ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

マッサージ、お灸、気功整体ワークショップのご案内(一部改訂)

2016年から臨床に加えてワークショップにも力を入れていくことにしました。

すべて短時間で1回完結、無駄なく本質的でシンプル。

だから忘れない。実践しやすい。自分のものにしやすい。

いろんな知識をインプットするとすごく得して賢くなった気がしますが、実は無駄が多い。

あとで忘れてしまうことが多い。

Chudoのワークショップではご自身の体でしっかり実感しながら大切な部分を身に着けていただきます。

ワークショップのおしらせ 27/1/16 改訂

☆あんまマッサージ指圧ワークショップ(一般向け、セラピスト向け)

☆お灸ワークショップ(一般向け)日本人ナチュロパスのミニコンサルテーション特典付き

☆気功整体ワークショップ(一般向け、セラピスト向け

あんまマッサージ指圧ワークショップについては常時募集しています。

参加者2人、あるいは4人(4人の場合は割引あり)プライベートのみで、開催は相談にて。

おひとりのご参加はご連絡いただき、最適と思われる方とマッチングさせていただきます。

お灸ワークショップはかつて無料の「お灸の会」を開催したことがあります。

今後は4人までのグループでインベストメント(参加費)をいただきます。

ちまたのお灸の本などをみると○○にはこのツボ、というように書いてあります。

それらは昔から語られているツボの効果を期待した灸療法です。

その場合、ツボの位置を間違えていたらお灸の効果が半減どころかまったくなかったりします。

私たちの体は一人ひとり違い、また、ツボの位置というのはその時々によってずれてきます。

したがって的確なツボをみつけること、そしてそこにお灸をすることが必須です。

また、私の普段の治療は12+2ルートある経絡(体表を流れるエネルギールート)の変動(ホメオスタシスの崩れ)を診断し、その変動を調えてホメオスタシスのはたらきを調えます。

経絡の中でのバランスが崩れているといくつかツボがみえてきますので、今後のお灸ワークショップでは反応が出ているツボをみつける実技以外に、経絡も意識してお灸のビフォーアフターを実感していただきます。

参加費にはお灸で血流が良くなったあと、効果を持続していただけるよう内面(腸)から変えていくためのナチュロパシック・ミニコンサルテーションが含まれています。

ナチュロパシーのコンサルテーションというのはカウンセリングの要素が強く、したがってナチュロパスとの相性が非常に重要になってきます。

また、鍼灸で腸への血流が良くなったあとにナチュロパシックコンサルテーションを受けて食事や栄養に気をつけていただくと、ナチュロパシーの効果が出るのが早くなると予想されます。

ぜひ相乗効果を感じていただきたいです。

参加費 $30(1時間程度)

ナチュロパスとのアポイントメントはお灸ワークショップの日とは別になります。

最後に霊気功あらため、気功整体ワークショップのご案内です。

あまりおおっぴらにしておりませんが、私と同じ志を持つ師に臼井ミカオ氏の意思をくむ霊気の神秘伝を伝授していただきました。

(私が最初に霊気1を受けたのは1996年で、極めたのは2008年です。)

理由は霊気を使ったヒーリングビジネスに疑問を持っていて、批判するならいわゆる「資格」を取って同じ土俵で、と思ったからです。

ビジネス、営業で万円単位で行われている霊気施術やアチューンメントですと、どうしても施術者の自我(エゴ)が入ることが多く、本来の霊気のエネルギーが回っていないことが多いです。

鍼灸のクライアントさんで霊気を受けたことがある、アチューンメントを受けたとおっしゃる方がいらっしゃいますが、実際にはエネルギーが通っていない(エネルギーの流れに鈍感な)お体の方も多くいらっしゃることをとても残念に思っていました。

そういうわけで、霊気の本当に大切で本質的なことと、気を体感するワークショップを行っていこうと思います。

スマホやコンピュータなど日常的な利用で脳がいつも働いている状態になると、頭でっかちというか、全身をみて上半身が目立つ感じ、グラウンディングできない、浮き足立った感じで下半身が痩せ細ってバランスが悪くなります。

腰回りへの血流も足りないので腰回りがゆるみ、骨盤がぐらぐらな感じになります。

霊気を使った気功整体では骨格の歪みを無理に矯正するのではなく、自然に下半身(下腹部)への血流を増やすことで自然にバランスがとれるからだへと導きます。

個人レッスンのみ $60(30分程度)

お問合せなどはSMSにて0413911142 よしえ(Yoshi)まで、ご連絡ください。