RMITx通訳x看護介護x鍼灸x書道x特殊子育てxオーストラリア

メルボルン発、関連する複数の仕事や勉強、ボランティア活動、子育て=パラレルキャリアの日々をつづります。

シドニーにみる、メルボルンの行方

シドニーから帰ってきました。

 

今回は子どもと別行動で、シドニーノースにいました。

 

ちょっとホッとしたのは、アーターモン駅前とかチャッツウッドの西側の今。

 

アパートメントの周りの緑あふれる環境が残ってました。

f:id:ahappiermedium:20180813114741j:image

 

でも、空き地に立っている新築アパートメントの広告をみて愕然!

 

「駐車場付き1ベッドルームマンション、795千ドル(8000万円)から。」

 

しかも浴室にバスタブはなく、シャワーだけで、はっせんまんえん?!

 

どんだけ上がってるかを実感するために、前に住んでいた賃貸アパートメントを検索してみたら。

 

家賃が5年前の1.5倍以上になってました。

 

メルボルンで5年前、最初に借りた家の家賃も値上がりしてはいるけど。

(3年前に有り得ない高額で売りに出すってことで引越した)

 

それでもさすがにそこまで上がってない気がします。

 

聞いた話では、シドニーノースで賃貸している子持ち家庭は、2部屋でなく3部屋以上の物件(家賃が週1000ドル以上)を借り。

 

3部屋のうち1部屋を週300ドル以上でシェア(昭和50年代まで普通だった「下宿」と同じ)に出して、家賃を抑えているのが普通らしいです。

 

それでもシドニーの田村さんによると、家賃が下落傾向にあるらしいです。

 

メルボルンは、和食レストラン以外はシドニーの後を追っていることを考えると。

 

この家賃の高波は時間差でメルボルンに到着。

 

そして下落も時間差でメルボルンに来るのかな、と思います。

 

 

 

日曜のランチタイムはニュートラルベイで古い友人とキャッチアップ。

 

偶然、前から行きたかった鶏ガララーメンの「とりいち」でご馳走になりました。

 

f:id:ahappiermedium:20180813114022j:image

濃いめの鶏ガララーメン、小鉢、ご飯のランチスペシャル 10ドル

 

ごちそうさま!

ほんとにシドニーは和食天国🍜