ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

不公平なルートセット@オーストラリア

今日はブリスベン(正確な発音はブリズベン)の

某ジムでコンペがありました。

 

 

日本人クライマーYも招待選手として出場してました。

f:id:ahappiermedium:20190804191934p:plain


コンペっぽくないシャツでいい味出してた・笑

 

決勝3つ目の課題は、明らかに背が高いクライマーに有利でした。

 

6人のうち、4人がトップ取れてるのに、小柄なYはゾーンにも届かず、ですよ。

 

日本とか国際大会なら有り得ないルートセット。

 

でもまぁ有り得ると思ってて本当に起きたって感じで、怒りというか呆れる。

 

こんなに国際化が進んでるオーストラリアでも、いまだにオージー=白人優先。

 

うちの次男も小柄でアジア顔。

 

だからか、実力あっても無視されてきました。

彼より明らかに登れてない子がナショナルレベルのコーチにスカウトされてたり。

 

もちろん、友達とか親のレベルでは差別されてないです。

 

次男本人も自分は自分と思ってる。(日本人とかオージーとかとは思ってない)

 

でも、コーチは日本人クライマーは強すぎてムカつくんでしょう。

 

 

差別はさりげなく存在し、根強いと実感します。

 

それでも私は次男が文句なくオージー代表になるようサポートしていきます。

 

 

私が受けてきた、オージーのさりげない差別。

 

たぶん旅行者とか、ワーホリ、駐在とかの短期滞在の人にはわからないことです。

 

 生まれた国へ帰れ、って言われるのはよくある人種差別です。

 

私はいいけど、次男はこの国で生まれている。どこへ帰れと?

 

 

とにかく実力で差別に勝つしかない。

 

差別との戦い。