ちゅうどう鍼灸マッサージx通訳翻訳x看護介護x書道xクライミング x オーストラリア

メルボルン発、仕事や勉強、ボランティア活動、クライミングと子育てブログ

AUSからNZへ移住する方法(写真はガムナッツの花と実)

カテゴリ:オーストラリア、先住民

 

 

燃えてしまったほとんどの地域は国立公園の樹林帯で、人は住んでいません。

 

今、募金集めよう!ってSNSや日系社会は盛り上がっていますが、人や動物のために集められていて、募金をしても樹林帯の保全に使われるのかわかりません。

 

だから私は今回、Park Victoriaのボランティアに登録しました。

www.parks.vic.gov.au

今後予想される国立公園の復旧の役に立ちたいと思っています。

 

 

さて、ユーカリという揮発性オイルを含む木が生い茂るオーストラリア。

 

Bushfireは太古の昔からありました。

 

ヨーロッパ人の侵略(とは歴史的には言わないけれど)によって、様々な先住民文化が失われた。

 

その一つがCultural Burning。

 

計画的に文化的に林野を燃やす、アボリジナルの知恵。

 

今の連邦政府では、先住民の知恵を借りようなんて考えはないだろう。

 

それに、実際に火災の影響を受けた地域(ビクトリア州)に住み、広大な土地(牧場)を持っているのは白人。

 

まだクィーンズランド州ノーザンテリトリーのほうがアボリジナルの人々が多く、先住民の文化が継承されやすい。

 

ビクトリア州(そして多分NSW州も)に住んでいては、これからも林野火災は避けられないだろうなぁ。。。

 

と思ったら、将来的に、首相も良い、先住民文化(マオリ)の言葉も公用語の一部になっている、山々が連なる、ニュージーランドに移住するのもありだなぁと思えてきました。

 

オーストラリアはNZを下に見ていて、AUSの永住権があればNZに住むのも働くのも自由なのに、NZの永住権ではAUSには住めないし、働けない。

 

AUS市民と永住者(実際にはAUSに永住権的ビザは存在せず、再入国ビザ、その保持者)は、NZ入国時にビザが発行される。

 

そこから2年以上住んで、NZパーマネントレジデントビザ(文字通り永住権)を申請する。

 

申請からなんとたったの10日ほどで、しかも無料!!でNZ永住権が発行されるそうです!

 

haruo-nz.com

 

上記のサイトに

これは私の経験ですが、ニュージーランドの入国時に何も言わないと3か月滞在のみの”Visitor”のスタンプを押されます。

Australian Resident Visaでニュージーランドで働く場合、”Resident”のスタンプを押してもらってください。

 

と書いてあるので、去年NZに出張した時、どのスタンプが押されていたかパスポートをみてみました。

 

そうしたら、NZに入国した証拠が何もありません!

今時はeパスポートで電子処理だからでしょうが、旅行の記録がないのは寂しいです。

 

念のため、NZ移民局のサイトでチェックしてみました。

 

去年はビザ不要で、入国時に自動的にAustralian Resident visa (電子ビザ)が発行されたようです。

 

が、2019年10月に変わりました。

 

AUS永住者必須、NZビザ アップデート情報(2020年1月11日現在)

  • 2019年10月より、AUS永住者はNZへ出国する際に、NZeTA(ビザ代12ドル)を取得しておく必要がある

https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/about-visa/nzeta

 

  • そしてNZ入国前の機内で、入国カードが配られるので記入する。入国カードには入国者の人格・人間性や入国の意図についての質問もある。
  • 到着時に、入国カードで、AUS市民あるいはAUS永住者で人格に問題がないと照会されれば、NZレジデントビザが発行される。(確か去年空港でスルーだった気がする。ワニジャーキーを没収された以外は。。。)

 

だそうです。

 

AUSパスポート所持者以外は、とりあえずVisitor扱いということになるんでしょう。

 

 

さて、NZ移住計画。

 

私は最近、AUS再入国ビザを更新しました。

 

5年のうち2年住めば、再入国ビザを更新できます。

 

なので、今年はAUSに住み、来年と再来年2年間NZに住む。

(もちろんAUSと行き来しつつ)

 

2年経ったらすぐにNZ永住権を申請する。

 

再入国ビザ申請のため、そのあと少なくとも1年、AUSに住む。

 

AUS永住権を更新した時点で、AUSに残るか、NZに移住するか決める。

 

その頃には、AUS市民権や再入国ビザの取得条件が難しくなってる可能性もあるけれど。

 

子どもたちは、私と一緒にNZに住むか(下の子)、今のままAUSで大学の友達と住むか(上の子)、AUSで父親と住むか(下の子)、選択肢はいろいろ。

 

 

転がる石には苔は生えず。

 

定住は向いていない。

 

私の四柱推命、面白いくらいに特殊星が入ってて、駅馬も入ってるし。

 

 

今日の写真は、家の近所に咲いている、通称ガムナッツ。

ユーカリの中でも人気の品種。

木の実ではないけれど、実がナッツに似てるから。

ちょっとググったら、乾燥した実が1個100円で売ってる!!

f:id:ahappiermedium:20200111204428j:plain